TAIWANの・・・

「・・・」の部分、美味しい楽しい台湾旅行の思い出アルバム

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

緑豆蒜啥咪のオーガニックマンゴーかき氷  


絶品ガチョウ肉を堪能したお次はデザート。
隣駅の松江南京に行きたいお店があります。のんびり歩いて約14分程度でしょうか?
腹ごなしにはちょうど良い距離でした。

少し寂しい小道に入っていくと、
P1040991_convert_20170320162010.jpg


賑やかなお店「綠豆蒜啥咪」が現れる。
P1040998_convert_20170320162050.jpg


店内も賑やか
P1040993_convert_20170320162121.jpg


メニュー
P1040994_convert_20170320162149.jpg


食べるのは勿論決まっていたのですが一応メニューを見ていたら、オーナーさんらしき女性に
「マンゴー?」と聞かれ、「マンゴー^^」と返してオーダー完了(笑)


「枋山愛文芒果冰」
P1040995_convert_20170320162357.jpg

枋山という地方のオーガニックマンゴーを使っているとか。贅沢ですね〜。
あれ?なんだか台北ナビで見た写真よりマンゴーの密度がぎっしりなのは気のせい?
氷の量のせいかな?私はしませんでしたが、氷の量も注文時に調整できるらしいです。
そして氷には黒糖シロップが掛かっているんです。マンゴーとも練乳とも合う!


アップ
P1040996_convert_20170320163626.jpg

一切れが大きい。注文後にカットしていたのでしっかり角もありフレッシュ。
この年はマンゴーが不況だと聞いてましたが、ここのマンゴーは最高に甘くておいしかった〜!
一つだけ文句を付けるとすれば、店内が狭いので冷房が良〜く効いており、食べ終える頃には体が
キンキンに冷えてしまう事。温かい飲み物と一緒に食べるか、上着持参で行きましょう♪
店名にもなっている「伝統緑豆蒜」というデザートもいつかは食べてみたいですねぇ。


食後は、すぐ近くの四平街陽光商圏をぶらぶら。
P1040999_convert_20170320161930.jpg


実はこの付近には必食レストランが数軒ぎゅっと集まっています。
富覇王豬脚極品餐庁/梁記嘉義鶏肉飯/阿城鵝肉/好記担仔麺のどこかでお食事を済まして、
デザートはここ。その後は四平街陽光商圏でショッピングという一連を徒歩で移動できるので、
観光客には黄金ルートの一つではないかと思うのですよ。予定はないけど(笑)私が台湾アテンド
する場合はこのルートで行こうと思う。



「綠豆蒜啥咪」
住所:台北市中山區伊通街106巷6-1號
営業時間:12:00~20:30(土13:00~19:30) 



クリック応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーサイト

category: パン・スイーツ・デザート

thread: 台湾旅行 - janre: 旅行

tag: 松江南京駅  マンゴー  スイーツ    かき氷  2016台北 
tb: --   cm: 0

コラーゲンたっぷり!富霸王豬脚極品餐廳の豚足ランチ  


この日のランチは松江南京駅にある豚足の人気店に行ってきました。
TVで観てからずっと行きたかった所。


四平街陽光商圈のすぐ近くにあります。
P1030958_convert_20160412184408.jpg


買い物しようかと思ったらまだ開いていない店が多かった。
P1030957_convert_20160412184447.jpg


人だかりを発見!
P1030953_convert_20160412184522.jpg


「富霸王豬脚極品餐廳」
P1030968_convert_20160412184558.jpg


人だかりは「外帯(テイクアウト)」のお客さんでした。
P1030956_convert_20160412184634.jpg


店頭では豚足を切りまくり、弁当箱につめまくり。こんなの見たら素通り出来ないでしょう。
P1030967_convert_20160412184711.jpg


入口で注文と支払いをして席に着きました。
P1030959_convert_20160412184749.jpg
霸王腿扣100元、爽口筍絲30元、滷蛋10元、白飯15元


お肉の部位は選べて、私が選んだ「腿扣」というのは希少部位の太もも部。
お肉も脂身もバランスよく付いていて一番人気だとかで開店30分で売り切れてしまうらしい。
間に合って良かった。


店内は黒の内装で暗めの照明、豚足屋とは思えないちょいオサレ空間。
照明がいい感じにお肉のつや感を強調している。
P1030964_convert_20160412184820.jpg

味は、おいしい醤油味。台湾風味がしそうなルックスですが全くしません。
色を見て濃いのかと思いましたが、それがちょうど良い塩梅なのです。
部位のチョイスもワタシ的に正解だった。日本で豚足を食べ慣れていないというのもあり、
ぷるんぷるんしていてもちもちと弾力がある脂や皮の部位はちょっと苦手でした。
私は肉の部位が好き。コラーゲン命!という女性の方々にはぷるんぷるん部位が多い腿節(足関節)か、
腿蹄(ひづめ)がいいでしょう。

次回はお弁当を買ってみたい。タレがしみたご飯にお肉…想像しただけで涎が出てくる。


「富霸王豬脚極品餐廳」
住所:台北市南京東路二段115巷20号
営業時間:11:00~20:00(日曜、第2・4月曜)
台湾風味:☆☆☆ 無し!


クリック応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

category: 食堂・レストラン

thread: 台湾旅行 - janre: 旅行

tag: 2013台北  松江南京駅  2013   
tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。