TAIWANの・・・

「・・・」の部分、美味しい楽しい台湾旅行の思い出アルバム

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

異変あり?の台北駅に「キティちゃん弁当箱」を買いに行く  


台鉄に乗る訳でもなく、滞在中二度も台北駅へ行きました。
初日に訪れたのは週末だったのですが、初めて目にした異様な光景にびっくり!!


これは平日の駅構内の様子
P1050173_convert_20170328224521.jpg


週末は…香港セントラルのフィリピンメイドさん的なやつ…かな?
P1040905_convert_20170328211533.jpg

台湾人ではなさそうなジベタリアンのグループが多数。写っていないけど端の方にもびっしり。
香港同様、持ち寄った食べ物を広げている。涼しくていいやね。

どうやら台湾ではインドネシア、ベトナム等々から介護ヘルパーさんとして受け入れているらしい。
そういえば、街中でもヒジャブをかぶった若い女性が車椅子に乗ったお爺さんを散歩させている光景
を見かけたっけ。台湾の情勢も色々と変化しているようです。


本題。台北駅に来たのはキティちゃんのお弁当箱を買いにきた為。
構内の端っこの方にある「台鐵夢工場」というショップで販売しています。
P1050177_convert_20170328211604.jpg


これ。かわいいでしょ? 値段はそうじゃないけど。
P1050175_convert_20170328211629.jpg


初日は迷って買わずに帰ったんです。いい歳した大人がキティちゃんの弁当箱使ってもいいかな?
って(笑)でもほら、私、猫が大好きだし台湾でしか買えないし、旅先での買い物は一期一会だし!
P1050429_convert_20170328211652.jpg

サイズは大分大きくて高8cm×径14cm。中のトレイは深さ3cm、ここにおかずを詰めるべきなの
だろう。いや逆か?本体は、保温性は分からないが二重構造?に多分なっている。そして肝心なのは
サンリオ featuring MADE IN TAIWANということ。しっかりした作りで全然ちゃちく感じません。
これは女性陣へのお土産としても喜ばれることでしょう。

P1050430_convert_20170328211722.jpg

でもですね、私の場合これを買ったはいいけどもご飯を詰めて重くなったこんなデカい弁当箱を
持って超満員の通勤電車には乗りたくないな、と帰国して気が付きました。よって未だ新品箱入り。
現在は、新商品として「新太魯閣キティ弁当箱」が初回3000個限定で販売されているようです。(商売上手!)


クリック応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
スポンサーサイト

category: ショッピング・お土産

thread: 台湾旅行 - janre: 旅行

tag: 2016台北  雑貨  お土産  台北駅 
tb: --   cm: 0

モヤモヤなおいしさ?金春發牛肉店のカレー牛肉焼きそば  


モヤさま・台湾の回」で狩野アナが食べていたんです。このカレー牛肉やきそば。
人が頼んだ料理なのにさまぁ〜ずの二人が「味が薄い」とか言いつつも何度もつまみぐいのお代わりを
していたので、これはおいしいんだなwと確信。

場所は、寧夏夜市から徒歩すぐなのでセットでいくと便利です。
私は中山駅からタクシーで行きましたが、駅から徒歩だと北門駅からが一番近そうです。


金春發牛肉店
P1050227_convert_20170324225323.jpg


空いてた。
P1050224_convert_20170324225349.jpg


でも、さすが120年の老舗。夕飯時の店内は地元民で徐々に賑わい出す。
P1050222_convert_20170324225411.jpg


原汁牛肉湯と咖哩牛肉炒麵を注文。
P1050220_convert_20170324225437.jpg


赤身のお肉の塊がゴロゴロ。臭みなど一切なくおいしいお肉でした。
P1050218_convert_20170324225523.jpg


咖哩牛肉炒麵。
P1050221_convert_20170324225501.jpg

つゆだく系。パスタのような中華麺のような中太麺は、柔らかいんだけど弾力のあるような説明が
難しい食感。味は優しい(パンチが無いとも言う)カレー味なんだけど妙にくせになる。
口に含んですぐ「うまっ!」と出てしまうような味では決してない。だけどおいしいの。
「つまみ食いのお代わり」に納得(笑)。

これは私は又食べたいな。ただ、初めての台湾旅行の人におすすめはしないかな。
他にもっとおすすめすべき麺料理がある。例えば、私が愛してやまない「老牌牛肉拉麺大王の炸醤麺」
とかね。


「金春發牛肉店」
住所:台北市大同區天水路20號
営業時間:11:10〜21:20 月休
台湾風味:☆☆☆ 無し


クリック応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

category: 食堂・レストラン

thread: 台湾旅行 - janre: 旅行

tag: 2016台北    北門駅   
tb: --   cm: 0

台湾人大行列!塩漬け卵黄入りタロ芋の揚団子  


寧夏夜市に行くといつも決まって大行列している屋台がある。
人だかりの隙間から覗くと何やら丸い揚団子。何がそんなに…と毎回疑問に思っていたので、
今回はその理由を知るために絶対食べてやろうと意気込んで夜市に向かいました。


早く来すぎた?
P1040931_convert_20170323203501.jpg


でも既に営業中。並んでいる人も10人以下。私のせっかちが功を奏す。
P1040936_convert_20170323203436.jpg


バックヤード作業。ひたすら丸める男子。
P1040932_convert_20170323203625.jpg


生地の塊の山(笑)奥にある山二つが肉でんぶと塩漬け卵黄。台湾人って肉でんぶ好きだよね。
P1040935_convert_20170323203650.jpg


最小注文ロットは2個。各1ずつお願いしました。
P1040937_convert_20170323203715.jpg


香酥芋丸。すごくシンプルな薄味。食感はフワフワなんだけどタロ芋のねっとりを多少感じる。
P1040940_convert_20170323203838.jpg


蛋黄芋餅。肉でんぶと塩漬け卵黄の塩味がアクセントになって香酥芋丸より好きだ。
P1040938_convert_20170323203907.jpg


私の感想は「あんなに行列する程かぁ??」というのが正直な所でした。
台湾人はこのシンプルなタロ芋その物の味が好きなんだろう、多分。
そういうことにしておこう。


「劉芋仔蛋黄芋餅」
寧夏夜市屋台♯91


クリック応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

category: 夜市・朝市・屋台・市場

thread: 台湾旅行 - janre: 旅行

tag: 2016台北  寧夏夜市 
tb: --   cm: 0

緑豆蒜啥咪のオーガニックマンゴーかき氷  


絶品ガチョウ肉を堪能したお次はデザート。
隣駅の松江南京に行きたいお店があります。のんびり歩いて約14分程度でしょうか?
腹ごなしにはちょうど良い距離でした。

少し寂しい小道に入っていくと、
P1040991_convert_20170320162010.jpg


賑やかなお店「綠豆蒜啥咪」が現れる。
P1040998_convert_20170320162050.jpg


店内も賑やか
P1040993_convert_20170320162121.jpg


メニュー
P1040994_convert_20170320162149.jpg


食べるのは勿論決まっていたのですが一応メニューを見ていたら、オーナーさんらしき女性に
「マンゴー?」と聞かれ、「マンゴー^^」と返してオーダー完了(笑)


「枋山愛文芒果冰」
P1040995_convert_20170320162357.jpg

枋山という地方のオーガニックマンゴーを使っているとか。贅沢ですね〜。
あれ?なんだか台北ナビで見た写真よりマンゴーの密度がぎっしりなのは気のせい?
氷の量のせいかな?私はしませんでしたが、氷の量も注文時に調整できるらしいです。
そして氷には黒糖シロップが掛かっているんです。マンゴーとも練乳とも合う!


アップ
P1040996_convert_20170320163626.jpg

一切れが大きい。注文後にカットしていたのでしっかり角もありフレッシュ。
この年はマンゴーが不況だと聞いてましたが、ここのマンゴーは最高に甘くておいしかった〜!
一つだけ文句を付けるとすれば、店内が狭いので冷房が良〜く効いており、食べ終える頃には体が
キンキンに冷えてしまう事。温かい飲み物と一緒に食べるか、上着持参で行きましょう♪
店名にもなっている「伝統緑豆蒜」というデザートもいつかは食べてみたいですねぇ。


食後は、すぐ近くの四平街陽光商圏をぶらぶら。
P1040999_convert_20170320161930.jpg


実はこの付近には必食レストランが数軒ぎゅっと集まっています。
富覇王豬脚極品餐庁/梁記嘉義鶏肉飯/阿城鵝肉/好記担仔麺のどこかでお食事を済まして、
デザートはここ。その後は四平街陽光商圏でショッピングという一連を徒歩で移動できるので、
観光客には黄金ルートの一つではないかと思うのですよ。予定はないけど(笑)私が台湾アテンド
する場合はこのルートで行こうと思う。



「綠豆蒜啥咪」
住所:台北市中山區伊通街106巷6-1號
営業時間:12:00~20:30(土13:00~19:30) 



クリック応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

category: パン・スイーツ・デザート

thread: 台湾旅行 - janre: 旅行

tag: 松江南京駅  マンゴー  スイーツ    かき氷  2016台北 
tb: --   cm: 0

「阿城鵝肉」で絶品ガチョウ肉  

2016年旅行記は順不同で書いていきます。


今回の旅行中、数少ない新規開拓したグルメ中で私が一番感激したのが、ガチョウ肉!
「阿城鵝肉」で初めてガチョウのお肉に挑戦してきました。
正直、ガチョウなんて鶏肉とそんなに違わないでしょう?と思っていましたが…


MRT行天宮駅から徒歩約8〜10分程の距離を歩いて「阿城鵝肉」に到着。
P1040983_convert_20170320133955.jpg

お昼のピークは過ぎていましたが、店内には酒盛りしている現地人らしき集団が結構いて驚く。
接待なのかな?よく分からないシチュエーションでしたがココが人気店なのは一目瞭然。


日本人にありがたい記入式メニュー。
P1040984_convert_20170320134031.jpg


頼んだのは、燻製の前半段の1〜2名分と地瓜葉と鵝油拌飯(小)。
P1040988_convert_20170320134501.jpg


つやつや〜しっとり〜。
P1040986_convert_20170320134631.jpg

味は激うまでした!1ミリも想像していなかった味で。燻製といってもそれほど燻製風味は
強くないし、こんなにおいしいお肉があったんだねぇ、としみじみと噛み締めました。
鵝油拌飯はガチョウの油が掛かっているのでよく混ぜて頂きました。
お肉のおいしさに押されて感動少なめ。


これは地瓜葉の炒め物。サツマイモの葉?繊維質がちと多目でした。
P1040989_convert_20170320134655.jpg

今までここに来なかった事が悔やまれます。
リピート必至!


「阿城鵝肉」
住所:台北市中山區吉林路105號
営業時間:11:30~22:30
台湾風味:☆☆☆ 無し


クリック応援お願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ

category: 食堂・レストラン

thread: 台湾旅行 - janre: 旅行

tag: 2016台北  行天宮駅 
tb: --   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。